ブログ

ブログ

~blog~

  • 日本アイティネット・前田

Internet Explorerに関する変更

2016年1月12日以降、MicrosoftのInternet Explorerに関するサポートポリシーが変更され、「各Windows OSで利用可能な最新版のみ」がサポートの対象となります。サポート対象外となるInternet Explorerについてはセキュリティ関連の更新プログラムが提供されなくなる為、脆弱性が発見されたとしても解決はされない、ということになります。結果、その脆弱性を突かれて「ウィルス感染」「情報漏洩」等々の被害に遭うという可能性があります。

したがって、Internet Explorerに関して早急にバージョンアップを行う必要が出てきます。

ちなみに、「各Windows OSで利用可能な最新版」のInternet Explorerとは、以下の通りです。(サーバーOSは省略。)

①Windows Vista SP2  ⇒ IE9

②Windows 7 SP1     ⇒   IE11

③Windows 8.1Update    ⇒   IE11

④Windows 10               ⇒   IE11

なお、Windows8に関しては2016年1月でサポートが終了しますので、8.1

にアップデート後、IE11を利用する必要があります。

また、ご自身が利用されているInternet Explorerのバージョンは、メニューバーの「ヘルプ」からバージョン情報をクリックすることで確認できます。

問題は弊社のお客様でもいらっしゃった、業務上のソフトウェア等の関連でInternet Explorerを一定以上のバージョンにアップデートできないというケースですね。本来はソフトウェアを提供する側の責任ということになるので、この件に関して早急にソフトウェア等の提供者に確認を入れる必要があります。

いずれにしても「何もしない」という選択肢はあり得ません。

ご不明な点等、ございましたらお問い合わせください。